男性

ハロウィンで目立つ仮装をするならカラコンは必須アイテム

  1. ホーム
  2. 顔の輪郭とフレーム選び

顔の輪郭とフレーム選び

複数の眼鏡

顔のイメージの強調や緩和

メガネの選び方として必ず覚えておきたいのが、顔の輪郭によって似合うデザインと似合わないデザインのフレームがある点です。たとえば丸顔や面長顔など、顔の輪郭は縦に長い短い、横に太い細いといった分類で四つほどに分けることができますが、それぞれの輪郭によって似合うフレームのデザインは異なっているのです。これは、メガネのフレームには顔の印象を強調したり、逆に緩和したりする効果があるためです。それぞれの輪郭に似合うフレームを探すにあたっては、フェイスラインと似通ったラインを持つデザインのフレームを選ぶといいでしょう。またその逆に、欠点を補うことを目的にフレームを選ぶ事もできます。これは、目の錯覚の効果によって、メガネを着用した際のバランスで顔のイメージを理想に近づける選び方になっています。

アイウェアとしての役割

一昔前と比較して、メガネはずっと安価に造ることができるようになりました。その結果として、常に同じメガネを掛け続けるのではなく、日によって、また利用シーンに合わせて、複数のメガネを利用するという選び方をする方も数を増やしています。つまり、単純な視力矯正のための道具としてではなく、アイウェアとしてメガネを選ぶ方が増えているのです。そういった選び方の需要を反映するかのように、最近では様々なデザインやカラーのメガネが販売されています。またメガネと言えば、壊れやすい物というイメージがどうしても付きまとってしまいます。しかし、落としても壊れにくいメガネも販売しているので、心配な方はそちらのメガネを購入するとよいでしょう。